• <tr id="6e4m4"></tr>
    <blockquote id="6e4m4"><center id="6e4m4"></center></blockquote>
    <legend id="6e4m4"><label id="6e4m4"></label></legend>
    <menu id="6e4m4"><dd id="6e4m4"></dd></menu>
    <table id="6e4m4"><acronym id="6e4m4"></acronym></table>
  • <xmp id="6e4m4"><input id="6e4m4"></input>
  • IR情報
    株式会社電通グループのIR情報はこちらからご覧ください。
    採用情報
    株式会社電通の採用情報のご案内です。

    体験価値ブランディング

    生活者を取り巻くコミュニケーション環境が劇的に変化しています。デジタルネットワークが空気のように浸透し、生活者も様々なメディアを通じた情報の受信者としてだけでなく、自らが発信者としても立ち回り、情報の洪水の中で、それらの真贋を見極める作業に日々追われています。これは、信じられる情報か?伝えるべき情報か?と。
    そのような状況下、生活者にとって明確に情報としての価値を与えてくれるものがあります。それがイベントやスペースの中での「体験= エクスペリエンス」です。イベントやスペースでの「実体験」は企業?ブランドとの深い絆を生み出すメディアとしての価値のみならず、自らの実体験を拡散させるコンテンツとしての価値にもつながっています。


    ブランデッド?スペース

    企業のブランディングの拠点となるフラッグシップストアやクルマディーラー等の多店舗展開。常設の企業ミュージアムから期間限定のポップアップストアまで。ブランドと体験者との絆づくりのためには、その体験全ての設計が必要です。電通は時代を代表するクリエイターとの協働を通じて、空間デザインだけでなく、サービス、フード、音楽、等々、来場者の全ての体験をデザインし、その体験を通じたブランディングを実現します。

    シティ?ブランディング

    都市型商業施設のブランディングから、地方都市のエリアブランディングまで。クローズドなイベントだけでなく、都市スケールのイベントまで。店舗や展示会のようなスポットにおけるブランド体験に留まらず、アーキテクチャルな広い視点でのブランディングを行います。

    エクスペリエンス?テクノロジー

    デジタルの劇的な進化が対極にあるリアルの価値を底上げしました。プロジェクションマッピングやARのような感動体験を生む演出技術、スマホを通じてイベントコンテンツをバズ化させる拡散技術、加えて、来場者の個人データを活用し、その場でのユーザーエクスペリエンスをリッチにするBI施策。日々進化するテクノロジー情報やクリエイティブ?テクノロジストを活用し、リアルな体験価値の最大化を行います。

    グローバル?プロジェクト

    国際博覧会から海外イベント/展示会まで。ブランディングには国境がありません。海外での展開は様々な要因を分析?予測できる知見と、それを実施できる国際的なネットワークが必要となります。電通では、世界中で行った大型イベントや博覧会の実績と制作会社ネットワークを活用し、グローバル規模のブランディング需要に答えます。


    メソッド&ツール

    事例

    テク能プロジェクト

    「伝統芸能×テクノロジー」をテーマに日本を代表する伝統芸能の担い手やクリエイターとの共創に取り組んでいます。


    事例一覧を見る


    関連リンク

    サービスに関するお問い合わせ
    ご発注、サービス内容のお問い合わせ、協業のご依頼などは
    こちらからお願いします。
    お問い合わせフォーム

    ページTOPへ

    閉じる

    このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。ブラウザの設定によりクッキーの機能を変更することもできます。詳細はクッキーポリシーについてをご覧ください。サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。